ソロプレイ ボドゲ 1人

ズータイクーンボードゲーム拡張「new shores」の詳細についてあれこれ☆KSファンディングもついに開始!



ズータイクーンボードゲームは2023年9月28日にアークライトさんから発売された、動物園作成ボードゲームです。

ズータイクーンボードゲームの制作者であるマークさん&サミュエルさんから、2024年1月になんとズータイクーン拡張「new shores」の発表がありました。

筆者のアッキーさんは、昨年にズータイクーンボードゲームをガッツリとプレイし、「拡張が出たら最高に嬉しい!けど、難しいかな…」と思いながらも、ブログ内で「拡張に追加してほしい要素」などを色々と勝手に紹介していたため、まさかの発表に驚き!

これは、本当にとても嬉しいお話となりました。

【ズータイクーン拡張発表がまさかの現実化!しかもアッキーさんが予想していた追加要素などもそこそこ一致していて、嬉しすぎました】



そして同年7月2日、キックスターターにてファンディングもついにスタートしました。そこで今回の記事では、ズータイクーンボードゲームの拡張「new shores」について、自分なりにあれこれと述べていこうと思います。気になっている方は、少しでも参考にしていただけたら幸いです。



なお、紹介している情報は以下のものを参考にしています。

【拡張new shoresルールブック(英語ver)】
Zoo Tycoon The Board Game New Shores English.pdf

【拡張new shores KS】
https://www.kickstarter.com/projects/marcduer/zoo-tycoon-the-board-game-new-shores?lang=ja


拡張の追加要素

画像引用:http://kck.st/3xINfUA




拡張new shoresの最も気になる各追加要素・変更等について、色々とまとめてみました。


①【新しい動物の追加】


new shoresで大量の動物が追加予定です。

新たな生息地域の動物を含む、一般動物24種類+共存動物12種類が追加予定。これは基本版とほぼ同じ数であり、単純に考えて数が2倍に増えることになります。待望のコアラやカンガルーをはじめ、ペンギンやシロクマ、海ガメなど水域に生存する動物が追加されたことは、動物大好きなアッキーさんにとって非常に嬉しいものとなりました。

一般動物は、各動物ごと&オス・メスで異なる形状のミープルも基本版同様にしっかりと作成されており、さらに賑やかな動物園になりそうで非常に楽しみです。



拡張new shoresは、一般動物や共存動物の追加だけでなく、小型の動物&生物(蛙・蛇・昆虫など)が40種類以上も追加予定で、これはビバリウムと呼ばれる新たな建物内で飼育が可能。拡張で追加の動物や生物は、合計で80種類以上となります。

これにより、基本版の生物カテゴリー(鳥類・霊長類など)に加え、新たな6つの生物カテゴリーが追加されました。

・両生類    ・魚類
・無脊椎動物  ・有袋類
・爬虫類    ・異節類

拡張+基本版を合わせた全ての動物・生物総数は、なんと110種類以上もの数(一般動物47種類・共存動物24種類・小型生物48種類)になるようで、これはかつてない動物園作成ボドゲとなることは間違いなさそうです。



拡張で追加された動物と基本版の動物を組み合わせて、新型のメインボードに設置することが可能。同時に、基本版で使用していた旧メインボードは廃止となりました。

新メインボードはダブルレイヤーの仕様になっていて、基本版の動物カード(拡張に同梱)をはめ込むことで、拡張の動物を基本版の動物に変更することが可能。これにより、拡張と基本版の一般動物の中から自分の好きな動物などを色々と組み合わせてゲームを楽しむことも可能になり、動物園作成の選択肢が大幅に広がりました。

これに合わせ、決められた動物を揃えると保護点が獲得できる「動物保護プロジェクト」も基本版と拡張を自由に変更できるようになりました。(基本版の動物保護プロジェクトタイルが同梱)ただし、基本版と拡張版の動物を混ぜて遊ぶ場合、バランスを調整するための基本的なルールもいくつか追加されています。(例:レベルの違う動物に変更しない・同じ生息地域の動物が最低でも3種類以上になるようにする等)


②【新要素の追加】



new shoresでは、追加された新たな動物に合わせていくつかの新要素がもちろん追加予定です。

ただ、ゲームシステムが大きく変わるような新要素の追加などはなく、やや控えめの印象を受けました。これについては、制作者であるマークさんから「基本版の楽しさは損なわないように拡張を制作します」というお話があり、基本版を非常に楽しめたアッキーさんからすると、これはとても良い話であると感じました。


・追加された動物に合わせて新たな生息地域&生息タイルが追加(ツンドラ&草原・水域・乾燥林)

・水に生息する動物(アシカ・海ガメなど)が新たに追加。また半水生動物(カバ・シロクマなど)も追加され、これらの動物を園内に導入するには水域タイルが必要になる。水タイルは維持費がかかるが、水タイルが増えると人気度が高まる動物も存在する

・複数の生息地域(熱帯雨林または乾燥林など)に生存できる動物が追加(プーマ・バクなど)。導入する際は好みの生息タイルを使用可能、共存動物にも何種類か存在する

・爬虫類と爬虫類専用の建物が追加。爬虫類は春の繁殖フェイズ時に卵を産み、卵は爬虫類専用の建物で孵化させる必要があるが、性別を自由に選ぶことができる。爬虫類専用の建物は同じビオトープ内として隣接して建設する必要があり、動物により必要な建物数が異なる

・ビバリウムが追加。プレイヤーはビバリウムに小型の生物を最大で9種類まで導入することができる。小型生物はそれぞれに効果(6種類)があり、一般動物と比較すると小さな効果ではあるが、なかなか侮れない。配置には条件があり、種類・生息地域・効果を揃える必要がある。(3つ揃えば最終得点時に人気点獲得)

・ビバリウム内にて飼育できる小型生物は秋の建設フェイズ終了時に購入可能(1枚目は1金。2枚目は2金)。ラウンドごとにプレイ人数+2枚の小型生物タイルが専用のバッグ内からランダムで公開され、ドラフト式で購入する。これにより、秋のフェイズ終了時に少額の資金で各得点を得やすくなった

・イベントカードと協力者が追加。主に新たな生息地域に合わせた内容

・新たな生息地域(ツンドラ&草原・水域・乾燥林)に合わせた各建物(フードショップ・グッズショップ)が追加


③【その他の変更要素】



・建物「教育展示ブース」の建設条件が変更。以前は「同種のビオトープに隣接する(タイルに記載されている生息地域)」が建設条件であったが、「異なるビオトープに隣接する」ことで、各ビオトープごとに2教育点を得られるようになった。(例:熱帯雨林1・乾燥林1・ツンドラ1に隣接→6教育点)
これは生息地域が拡張で追加された3つのものを含め、種類が非常に多くなったためである。これにより、異なる地域から教育点を獲得しやすくなった。ただし、これまでのように2つ以上の同種生息地域からは教育点をそれ以上獲得できなくなった。(例:サバンナ2・水域1に隣接→4教育点)

・新たなイベントカードに合わせて、基本版のイベントカードの一部が変更される

基本版のルールブックは改正版ルールブックに変更される。以前のルールブックは各項目が非常に読みにくく、エラッタも多かった。改良されたルールブックはゲーム進行に合わせて非常に見やすくなり、ソロプレイの内容も見やすいよう分離して扱えるようになった。詳細はこちら↓

【基本版改良ルールブック(英語ver)】
Zoo Tycoon The Board Game English.pdf

※基本版改良ルールブックは、キックスターター支援者にはのちに追加で入手できるようです。(有料か無料かは現在のところ未定)

キックスターター詳細



ズータイクーンボードゲーム拡張のnew shoresは、2024年の7月2日にキックスターター(以下KS)でファンディングがスタートしています。

終了は同年の8月2日予定。支援した場合のリワード(受け取り)は、2025年4月の予定になっています。現時点で分かっていることを色々とまとめてみました。

【拡張new shores KS】
https://www.kickstarter.com/projects/marcduer/zoo-tycoon-the-board-game-new-shores?lang=ja



①【大きな資金が集まっている】


KSでファンディング開始から1日も立たず、なんと17万CHF(スイスフラン)もの資金が集まりました。これは日本円に換算すると約3千万円で、驚きの額です。これには制作者であるマークさんからも「狂気の沙汰だ!本当に感謝しています」とのメッセージがありました。

これだけ資金が集まれば、KSファンディングではお決まりの追加要素(追加ミープル・内容品のグレードアップ・追加ルールなど)もかなり期待できそうで、これは非常に楽しみなところです。ちなみに、記事を書いている7/6時点で23万CHFが集まっています。(約4千万円)

②【動物拡張パックについて


拡張new shoresでは、通常の拡張版に追加で支援できる動物拡張パックというものがあります。これは拡張で追加される24種類の一般動物に加え、さらに8種類の一般動物が追加されるというもので、動物の選択肢がさらに増えて楽しさが倍増することは間違いなさそうです。

動物拡張パックで追加される動物は以下の種類です。どれもかなり個性がある珍しい動物でして、これも非常に楽しみです。


・オカピ      ・シロフクロウ
・チーター     ・カモノハシ
・大西洋ツノメドリ ・狼
・マダラトビエイ  ・セイウチ


③【支援金額について】



気になる支援金額ですが、通常版の拡張で75CHF。日本円に換算すると約13000円と、ちょっとお高めです。ただ、これは基本版と同様の動物ミープル数に加え、追加の小型動物タイル、その他のタイル等を含めると、基本版とほぼ同じ値段になるのは妥当な価格であるといえます。(国内で販売されている基本版は13750円)

拡張DX版(動物ミープルにイラストが記載)は85CHF(約1.5万)、追加の動物拡張パック付きは99CHF(1.75万)とさらに高くなりますが、動物拡張パックは8種類追加で+2500円。1種類の動物が約300円ほどなので、拡張が気になる方は追加の動物拡張パックがおすすめです。アッキーさんはこのプランを支援しました。

ちなみに、拡張DX版と追加動物拡張パックは今後に一般発売される予定はないとのこと(一部の小売業者を除く)。また、この機会に基本版(DX版のみ)と合わせて支援することも可能。拡張のDX版はもちろん、基本版のDX版と追加動物拡張パックを含め、これらを手に入れる機会は今回で最後のチャンスとなりそうです。

以下にまとめてみました。

【色々とプランがありますが、おすすめは動物拡張パック(1.75万)。基本版の一般動物と合わせて55種類からチョイスして楽しむことが可能です】



※基本版DXの「イラスト入り動物ミープルのみを購入できるか」は現段階で不明。今後に何か情報あれば更新します


④【ストレッチゴールについて】


KSではお決まりのストレッチゴール(以下SG)。これは目標金額達成後もさらに追加で資金を募るためのシステムで、追加の目標額に達成すると、支援者に様々な追加要素がどんどん加わる嬉しいお話です。ボードゲームだと、ミープルや内容品のグレードアップ、追加ルールなどがあります。

この記事を書いている7/6時点では、拡張new shoresはすでに10個以上ものSGが開放されております。今後に予想されるSGも含め、アッキーさんなりにまとめてみました。


【開放済のSG】


①拡張new shoresの実現確定
②熱帯雨林デザインのビバリウム追加(※1)
③カバのミープルがオス/メスで異なる
④サバンナデザインのビバリウム追加
⑤アシカのミープルがオス/メスで異なる
⑥山地林デザインのビバリウム追加
⑦カンガルーのミープルがオス/メスで異なる
⑧10個の新地形タイル追加(ツンドラ)
⑨ヒクイドリのミープルがオス/メスで異なる
⑩10個の新地形タイル追加(水域)
⑪陸カメのミープルがオス/メスで異なる
⑫10個の新地形タイル追加(乾燥林)
⑬シロクマのミープルがオス/メスで異なる
コモドドラゴンのミープルがオス/メスで異なる


(※1)ビバリウムのデザインは、各プレイヤー毎に異なるもの(基本版に合わせたもの)に変更されるようです。(熱帯雨林・サバンナ・山地林ほか)


【今後に予想されるSG】


・新たな一般動物の追加(※1)
・新たな共存動物の追加
・新たな小型生物の追加
・各コンポーネントのアップグレード
・ソロプレイ用の様々なモード追加
(シナリオモードなど)
・協力プレイモードの追加
・イベントカードの追加
・協力者カードの追加
・新たな建物タイルの追加


(※1)新たな一般動物・共存動物・小型動物の追加は、以前にコミュニティサイトでアンケートをした動物から惜しくも落選した動物が追加される予想。また、制作者さんのマークさんから支援者に対して「追加してほしい動物を3つまで教えて下さい」とのコメントが有り、様々なものが挙げられました。

【7/6更新】追加動物の投票計画がありました。現在分かっている情報は以下のとおりです。


・追加の動物は上図のトーナメント方式で24時間毎に人気投票を行い、最終的に勝ち残った動物が追加される予定。投票の際は投票する動物のメリットや理由を一言付け加えてほしいとのこと
https://www.kickstarter.com/projects/marcduer/zoo-tycoon-the-board-game-new-shores/posts/4144381

・追加される動物は1~2種類とのこと

・孔雀(クジャク)は人気も高く、このトーナメント方式ではなく別の案を計画しているとのこと

・投票権がある支援者さんからは「人気がある動物よりも変わった生物」「拡張で追加されたカテゴリーの動物」に注目が集まっている(コウモリ・オオサンショウウオ・ウォンバットなど)

※トーナメント方式の動物は1位~3位までが採用されるかも?それが一般動物か共存動物なのか。追加のビバリウム対応小型生物も含め、現段階ではまだわかりません。上位以外の動物も追加になるかも?また、これとは別に「制作者さん側がすでに計画し追加が確定している動物」もあるのかもしれません。

ただ、制作者のマークさんからは「動物の種類をたくさん増やすよりも、できれば質の方に力を入れていきたいです」との話があり、今後のSGを含めてこれは非常に楽しみなところです。


【拡張にさらに追加される動物はどれがくる…?それはどのカテゴリーで何種類なのか…?KS終了日まで非常にワクワクします。ちなみに、アッキーさんはワオキツネザル・ラクダ・マンドリル推しです】




支援するメリットと理由


ズータイクーンが大好きな筆者のアッキーさんは、もちろんKS開始直後に支援を実行させてもらいました。

今回、ズータイクーン拡張new shoresは「迷わず支援するべき」と断言できます。その理由について、アッキーさんが思うメリットをいくつか述べていきます。


①【日本語版が出るかは全くの未定】


ズータイクーン拡張が今後に日本語版で発売するかは、全くの未定であること。これが支援すべき最大の理由でもあります。

ズータイクーン基本版の日本語版は、2023年9月28日にアークライトさんから発売されました。発売直前まではそこそこの話題になっていたものの、ゲームの複雑ささが響いたのか、発売後はX(旧Twitter)でのポストもあまり見かけませんでした。ルールブックは非常に読みづらく、さらには大量のエラッタも発見。在庫処分のためか各種店舗でかなり値引きされ、今現在でもかなりの値引きで販売されています(Amazonなど)。

こういった話からも、「ズータイクーン拡張が今後に日本語版として発売される見込みは、需要と供給の問題から非常に薄いのではないか」と予測できるわけです。仮にもし日本語版が出たとしても、後述するDX版や動物拡張パック、SGの様々な特典は手に入らないため、支援してまったく損はないと断言できるでしょう。

ちなみに、前回の基本版で支援した人には、日本語版のズータイクーン+DX版のイラスト入り動物ミープルがセットで付いてきたそうです。

②【DX版を入手できる】



拡張のDX版(イラスト入りの動物ミープル)を入手できるのは、今回が最初で最後のチャンスになるようです。SGでオスとメスで異なる形状や色合いなども含め、これはやはり抑えておきたいところです。


③【動物拡張パックを入手できる】



拡張で追加される24種類の一般動物に加えて、さらに8種類の一般動物が追加される動物拡張パックも、今後一般販売の予定はなく、今回で最後のチャンスとなるようです。

追加の支援金額は14CHF(約2500円)。珍しい動物が多く、これで基本版+拡張の一般動物総数は55種類(23+24+8)となります。ズータイクーンをやり込みたい人ならば、これもぜひ抑えておきたい追加アイテム。

ちなみに、動物拡張パックは拡張DX版のコース限定になっていて、拡張通常版とセットで支援することはできないようです。


④【SGによる各特典がある】




SG(ストレッチゴール)による様々な特典も、今回に支援した人のみ限定で全て付いてきます。

基本版の日本語版ではSGも付いていましたが、今回の拡張で付いてくるSGは、今後一般販売で手に入れるチャンスは非常に低いことが予想できます。


Q&A・その他の事項



ここでは、KSに掲載してあるQ&Aの内容や、その他の様々な疑問点・現段階での今後の予想などについて述べていきます。

Q. 第2版の変更点は?



A. 基本版で読みづらかったルールブックが改善されて非常に読みやすくなり、ソロモードの内容ページも分離できるようになりました。データでも閲覧可能でダウンロードもできます。

【基本版改良ルールブック(英語ver)】
Zoo Tycoon The Board Game English.pdf


Q. 第2版のルールブック入手は?



A.今回のKS終了後、支援者にプレッジ予定です。(前回の基本版KS時に支援した人は無料予定)

なお、現在PDFで公開されている第2版の基本版ルールブックや拡張のルールブックのみ、おそらく今後に日本語版も作成されるだろうと予想されます。


Q. 各DX版はKS終了後も購入可能?


A. 動物ミープルにイラスト入りの拡張DX版・基本版DX版は、今後に一般販売は予定されていません。また、各SGの特典や動物拡張パックも今後に一般販売はなく、今回のKS期間が入手できる最後のチャンスになります。

個人出品のヤフオクやメルカリならチャンスはわずかにありますが…これも日本国内ではかなり厳しいでしょう。なお、基本版DXの「イラスト入り動物ミープルのみを入手できるか」は現段階で不明です。

Q. 送料や支援品の到着日は?


A. 日本への送料は、約30CHF(約5000円)予定です。ただしオールイン(基本版DX+動物拡張パック)は約50CHF(約9000円)となっています。

今回のKSで支援した場合、支援品のリワード(受け取り到着日)は2025年の4月予定となっています。


Q. 拡張追加時のプレイスペースは?



基本版でのプレイスペースとあまり変わりなく、ゲームを楽しむことが可能なようです。

主な変更点は「ビバリウムの個人ボードスペースが追加」とのことで、これは動物カード約2枚分くらいのスペースになりそうです。


Q. 今後のSGを含めた追加要素は?


A. あくまでも筆者のアッキーさんの完全な予想ですが、以下にまとめてみました。

・一般動物の追加は、現在実施中のトーナメント戦で生き残った1位と2位。それに加えて、惜しくも敗れた動物の中から最も要望の多い動物が第3位として追加されそう。ちなみにアッキーさんの予想は以下です

1位…コウモリ(珍しい飛行型)
2位…タスマニアデビル(貴重な有袋類)
3位…オオサンショウウオ(珍しい両生類)
4位…ビーバー(半水生げっ歯類)

・人気の高い孔雀(クジャク)は、SGの最後でレベル3の一般動物として追加されそう

・動物拡張パックは第2弾が追加されそう。ただし予算の問題からも、共存動物(タイルのみ)として追加されそう(追加される動物は主にトーナメント戦で敗れた動物が予想される)

・ビバリウムに対応する小型生物も追加されそう。小型生物だけの拡張パックとして追加されるのか、上記の動物拡張パック第2弾と合わせて追加されるのかは未定

・ソロモードの様々なモード追加
(シナリオ・キャンペーンなど)

・新たなイベントカード追加

・新たな協力者カード追加

・新たな建物タイル追加

Q. 拡張は今後も追加される予定?



ズータイクーンの拡張は、今後も含めてこれが最初で最後の拡張となるようです。

ただし、なんと「恐竜型の同種ゲームが発売予定」とのことで、これは非常に嬉しいお知らせ!時期はもちろん未定ですが、今後が楽しみですね☆

【恐竜型の同種ゲームということは、恐竜型の経営SLGを題材にしたボドゲ(テレビゲーム「ジュラシック・ワールド」など)が予想されます。ズータイクーンのシステムをうまく組み込ませることで、かなり本格的な重量級ボドゲになることは間違いなさそう。これは期待大!】




最新情報をチェックしよう!
>アッキーさんの応援について☆

アッキーさんの応援について☆

アッキーさんのおすすめ商品や、各記事の下段にあるリンク(Amazon・楽天等)からお買い物をすると、アッキーさんへ自動的に支援することができます。今後の記事の作成や活動の励みにもなりますので、応援をよろしくお願いします☆